絵本『わすれられないおくりもの』は静かに亡くなった人を偲ぶ物語

大切な人を亡くした気持ちに寄り添う絵本『くまとやまねこ』を記事にしました。
それで思いだしたのが絵本『わすれられないおくりもの』です。

翻訳絵本で日本では1986年初版、我が家は長女と次女がまだ幼児の頃に購入しています。息子はまだ生まれてない頃です。

目次

ものがたり

皆から慕われていた高齢のアナグマが亡くなりました。
自分が亡くなってもあまり悲しまないようにと言っていたアナグマですが、残されたものは悲しくてたまりません。
アナグマとの思い出をたどりながら乗り越えていく物語です。

穏やかに亡き人を偲ぶ物語

この物語を読んだ時、私は両親健在で祖母も健在。
高校生の時に亡くなった祖父のことをじんわり思い出したりしました。

今これを読むと、亡くなった母の事を思います。
そして結婚してから優しくしてくださった義父(夫の父)のことも思います。
母や義父が私に残してくれたものを思いながら故人を偲んでいます。

ただ、やっぱり若い人を偲ぶ物語ではないです。
若くして亡くなった人を偲ぶには穏やかすぎるのですよね。
まだ若い大切な人を亡くした人には断然『くまとやまねこ』をオススメします。

ブログ村に参加中です

記事が良かったら、下のバナーをクリックしてくださいね!

他のブログにも飛べます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
気ままな毎日 - にほんブログ村









よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる