野球中継をみながら大谷翔平選手を推していた夫のことを思い出す

ご訪問ありがとうございます。
下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村

夫を亡くして4年と数カ月。
時間の経過とともに感情の起伏も穏やかになってきています。
それでも日常のなにげない事から淋しさがこみ上げることがあるものです。

目次

自分が見込んだ後輩は育つのだ、と豪語していた夫

夫はいつも、自分が売れると思ったタレントは売れる、自分が活躍すると思ったスポーツ選手は活躍する、と豪語していました。
そんなの誰が見ても売れそうな人なんて同じでしょ、とか、プロデューサーか!と突っ込みたくなることもありましたが。
仕事でも、自分が見込んだ若い人は必ず有能に育つのだ、と豪語していました。
人を見る目に絶大な自信を持っていたのですね。

その夫は大谷翔平選手推しでした。
二刀流について酷い言われ方をしていた頃にも、絶対いける!と推していて、次女は大谷翔平選手と結婚すればいいのに、などと冗談を言っていました。(ほんの冗談です。)

調べてみたら、大谷選手が渡米したのは夫が天国に旅立ったあとのことです。
夫が今も生きていて大谷翔平選手の活躍を知ったら、どんなに喜んでいたことでしょう。

4年と数カ月で変わったこと

4年って短いようで、いろいろなことがありました。
長女結婚、次女大学卒業、次女就職、孫誕生、息子高校卒業、息子第一志望大学合格、夫父他界、次女結婚。
大きなものだけ挙げても、こんなにあります。
せめてあと4年半この世にいられたら、こんなに沢山の出来事を夫婦でともに過ごせたのに。
年月の重さを感じずにいられません。

夫は、私たちからは見えないけれど近くにいて私たちの様子を見ていてくれると信じています。
でも、なんとかあと数年この世にいて欲しかったなと、叶わないこととわかっていても思わずにいられないのですよね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



ブログ村に参加中です

下のバナーをクリックして応援していただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
気ままな毎日 - にほんブログ村











よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる